○岡山県広域水道企業団公印規程

昭和59年11月15日

岡山県吉井川広域水道企業団企業管理規程第1号

(趣旨)

第1条 岡山県広域水道企業団の公印(以下「公印」という。)については、この規程の定めるところによる。

(公印の種類)

第2条 公印の種類は、次のとおりとする。

(1) 企業団印

(2) 企業長印

(3) 企業長職務代理者印

(4) 事務局長印

(5) 企業出納員印

(公印の寸法等)

第3条 公印の寸法及び印影は、別表のとおりとする。

(公印の新調、改刻及び廃止)

第4条 公印を新調し、改刻し、又は廃止したときは、公印名、印影及び使用又は廃止の年月日を公印台帳(様式第1号)に登載しなければならない。

(公印管守者)

第5条 公印管守者を、別表のとおり置く。

2 公印管守者は、公印の保管、使用その他の責めに任ずるものとする。

(公印取扱者)

第6条 公印取扱者を、別表のとおり置く。

2 公印取扱者は、公印管守者の命を受けて、公印の保管、使用その他の事務を処理する。

3 公印取扱者が不在のときは、公印管守者が定めた職員がその事務を行う。

(公印の使用)

第7条 公印を使用しようとするときは、押印しようとする書類に起案文書その他証拠書類を添え、公印取扱者に提示して審査を受けなければならない。

2 公印取扱者は、公印の使用を適当と認めたときは、起案文書の「公印押印」欄に、認印を押さなければならない。ただし、起案文書のない場合において、やむを得ず公印を使用させたときは、公印特別使用簿(様式第2号)に必要事項を記入しなければならない。

(公印の使用範囲)

第8条 別図(4)から(6)までの企業長印の使用範囲は、岡山県広域水道企業団事務処理規程(昭和60年岡山県吉井川広域水道企業団企業管理規程第1号)第4条の規定による所長専決公文書用である。

附 則

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成4年企管規程第1号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成9年企管規程第2号)

この規程は、公布の日から施行する。

附 則(平成11年企管規程第2号)

この規程は、平成11年4月1日から施行する。

附 則(平成13年企管規程第2号)

この規程は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成15年企管規程第2号)

この規程は、平成15年4月1日から施行する。

附 則(平成19年企管規程第1号)

この規程は、平成19年4月1日から施行する。

別表(第3条、第5条及び第6条関係)

公印名

公印管守者

公印取扱者

印影

寸法

企業団印

事務局長

総務課長

別図(1)

方 30ミリメートル

企業長印

別図(2)

方 27ミリメートル

別図(3)

方 15ミリメートル

北部事務所長

北部事務所長

別図(4)

方 25ミリメートル

西部事務所長

西部事務所長

別図(5)

方 25ミリメートル

企業長職務代理者印

事務局長

総務課長

別図(6)

方 27ミリメートル

事務局長印

別図(7)

方 22ミリメートル

企業出納員印

企業出納員


別図(8)

方 22ミリメートル

別図(第3条関係)

(1)

(2)

画像

画像

(3)

(4)

画像

画像

(5)

(6)

画像

画像

(7)

(8)

画像

画像

画像

画像

岡山県広域水道企業団公印規程

昭和59年11月15日 岡山県吉井川広域水道企業団企業管理規程第1号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第3編 組織・処務
沿革情報
昭和59年11月15日 岡山県吉井川広域水道企業団企業管理規程第1号
平成4年1月22日 企業管理規程第1号
平成9年4月1日 企業管理規程第2号
平成11年3月31日 企業管理規程第2号
平成13年4月1日 企業管理規程第2号
平成15年3月28日 企業管理規程第2号
平成19年3月29日 企業管理規程第1号